綿幸歳時記

ゆめ蔵ふと市

2008年9月10日更新しました

watako-gallery764.jpg蔵のギャラリーの2階の空間を使い、ゆめ蔵ふと市を開催し、クラフト作家20人ほどの作品展を行いました。

ゆめ蔵ふと市

2008年9月10日更新しました

watako-gallery763.jpg蔵の二階の空間はクラフト作品に最適な空間で、多くの皆さんが、県内外から来られ賑わいました。

尾身伝吉版画作品展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery760.jpg尾身伝吉さんの作品を中心に仲間の方の作品も展示しました。

謙光工房作陶展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery146.jpg佐々木謙光さんは須坂市在住で、その作風は力強くそして繊細に表現されています。毎年のように中国シルクロードへ取材旅行をされ研究を重ねています。

田中ゆきひと茜染作品展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery74.jpg田中ゆきひとさんは、茜染めを早や40年程前から研究され、その深みのある色彩は何回も重ねてようやく出来る大変な作業です。
 茜染めでは第一人者と言える方で、大学の講師にもなっていらっしゃいます。
 また、奥様は野田純子さんという素晴らしい感性のジャズ歌手でいつもご夫婦でいらして、色々お話しをさせていただいています。

佐竹本三十六歌選作品

2008年9月10日更新しました

watako-gallery72.jpg佐竹本三十六歌選は昔、佐竹藩が代々所有していた有名な歌選絵巻ですが、大正期に36に分割され日本国内の著名な方たちが所有しているものですが、其れを復元して、三十六歌選絵巻として発表されたものです。
 大変貴重で、珍しく今回特別に企画展を行いました。

大峽ゆう子紬展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery71.jpg大峽ゆう子さんは長野県出身の染織家で30代の若さで、感性ある女性らしい色彩と作風がとても好評を頂きました。

渡辺俊明作品展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery70.jpg渡辺俊明氏の作品展は個性ある作者自身の心の底から語りかけるエネルギーを感じさせるものです。
 絵画、版画、陶器など独特の世界が広がります。

手ぬぐい展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery68.jpg手ぬぐいは日本人が以前から当たり前のものとして使ってきたものですが、最近は殆ど使われなくなっています。
 しかし、その作品の素晴らしさは、日本にしかない独特の日本アートです。表現されている絵は、今では見る事も出来なくなってきた日本の情緒や文化が描かれています。

竹中靖 水彩画展

2008年9月10日更新しました

watako-gallery67.jpg竹中靖さんは千葉県の出身で、毎年奥様とオーストリア、スイスを中心に車を運転してスケッチ旅行をされ、日本で個展をされています。
 その作品は、水彩画中心ですが、優しく柔らかな水彩ならではの色彩で、心が休まる作品です。

<前のページ|  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10  |次のページ>

綿幸サロンとは…

静かな安らぎのひととき、白壁と木のぬくもりを感じさせる落ち着いた蔵の中に絵が飾られ、時にはモーツァルトのしらべを聴きながら過ごす…。そんな空間の中で、地方文化の向上を願って、絵画・染織・工芸展などを企画しています。